卵子提供を安心の日本のクリニックを介して受ける時代に

近年は晩婚化や高齢出産が増加する一方で、不妊に悩むカップルや女性も増えています。
何年も不妊治療を続けているのに妊娠ができないケースや、加齢により卵巣の機能が老化して妊娠が難しくなっているケース、卵巣の病気や摘出等により、年齢を問わず妊娠が難しいケースなどで、子供を授かるために考えられる選択肢が卵子提供です。
日本ではまだ普及した方法ではなく、卵子提供を望む場合には海外に行かなければならないのが一般的でした。
もっとも、先進国などの場合、日本人とは明らかに人種が異なるため、日本人カップルでありながら、生まれてきた子供がハーフにしか見えないという難しい現象が起きてしまいます。
そこで、同じアジア人であるタイの女性から提供を受けるため、タイに行くという選択が基本となっていました。
渡航費用がかかるうえ、海外での医療提供には不安を持つ方も少なくありません。
そのため、卵子提供を受けたくても受けられずにいる方が多かったわけですが、ようやく日本でも環境が整いつつあります。
日本のクリニックで相談ができ、提供してくれるドナーは日本人女性と、より理想的な環境が整ってきているのです。
サポート体制も充実していて、いつでも相談できる窓口が設けられるなど、安心して利用できます。
http://baby-agt.com/