ドライアイの症状になりやすいコンタクトレンズの装着について

ドライアイというのは直訳すると乾いた目ということとなりますが、またの名をデコボコアイとも言います。
本来、目は涙と粘膜によって守れているのですが涙の量が少なくなり、粘膜が荒れた状態になると目の表面がデコボコの状態になって、それによって物がぼやけて見えたり、見えにくかったりすることとなります。
このデコボコアイが実際に起きると、先ほどの目が見え辛くなることと他に、ゴロゴロ感があったり、痛みを生じる場合もあります。
そして仕事柄、長時間パソコンの前に座って、画面を見ているとそういった症状になることが多いです。
しかも加齢が原因で、粘膜や涙腺の異常が見られそれになる場合もあります。
どんな人でもドライアイにはなる恐れがありますが、一番多いのはコンタクトレンズを装着している人です。
最初はコンタクトレンズを装着していても見えにくい違和感を抱きますが、それはレンズの汚れが原因かと考えます。
しかし、レンズを賢明に洗ってもそれが改善しない場合もあります。
これはコンタクトレンズの装着によって、目の乾きが発生していて、涙が目の表面に行き渡らなくて凸凹を抑える働きが失われていることが原因となります。
なおそれを改善する方法としては、目薬を定期的に点眼することによって、治療することが出来ます。
またコンタクトレンズを外した目の表面が汚れているので、それを専用の液で洗うことも効果的です。
またドライアイを防ぐためには、長時間コンタクトレンズを装着せずに、必ず毎日、取り外すことが肝要です。