元気な車業界に注目

今、日本の車業界が非常に元気です。
次々とイノベーションが起こり、将来を見据えた戦略的な自動車が想像以上にヒットし、中国市場も本格的に開拓され、次はASEAN諸国を開拓しようかという勢いです。
この勢いに、日本に拠点を置く外資系企業も多くなりました。
日本に拠点を置くことで、中国だけでなく東南アジアまでカバーすることができるからでしょう。
好調な車業界では、人材の採用を増やし続けています。
外資系自動車部品メーカーのボッシュ・ジャパンでも、採用専用サイトを立ち上げるなど採用に注力しています。
ボッシュグループは、世界ナンバー1の自動車部品メーカーです。
ここ数年、e-モビリティ向けシステム、アクティブセーフティ、ドライバー インフォメーション システムなど、環境・安全・快適な車の開発に取り組んでいます。
新卒、キャリアを問わず、能力のある人材を積極的に採用しています。
育児制度や在宅勤務、介護休日など、福利厚生が充実し、離職率は1%台という低さです。
かなり働きやすい環境と言えます。
せっかく確保した人材を手放したくないというところでしょう。
これは、働く者にとって良い変化です。
車業界で働き始めるなら、今が絶好のチャンスといったところでしょう。
https://saiyo.boschjapan-brandtopics.jp/