DNAを傷つける活性酸素は水素水によって除去される


人間を始め、生物の多くは大気中の酸素を吸い込んで、それによって生命を維持するための必要なエネルギーを生成します。
そして、生物を構成する細胞内にはミトコンドリアが存在し、それが吸い込まれた酸素をエネルギーに変換するのですが、それと同時に活性酸素を作り出します。
ただ活性酸素には、体外から侵入する体に対して有害な微生物を排除する働きがある善玉と、細胞のDNAを傷つけて生活習慣病や老化の原となる悪玉に分かれています。
悪玉の働きは、細胞のDNAを傷つけるのみならずビタミンを破壊するため、しみやくすみの原因としても知られるメラニンを増加させてしまったりもします。
なお現在は、活性酸素自体の有害性と有用性の二つの側面は研究段階でもあり、その働きの真意はさらなる研究結果を待たねばならない面もありますが、この悪玉を除去する上では水素水の飲用が有効とされています。
水素水を飲用すれば、体中の酸素と反応して水を作り出し、それが尿や汗等で体外に排出されて悪玉の働き自体を弱めることが解明されています。
実際に、水素水を用いて病気の治療や改善がなされた事例も幾つか存在し、またその予防効果についても医学論文でも指摘されているほどで、その効果も期待されているのです。

老化防止の秘訣!?水素水で悪玉活性酸素を除去できる!