交通事故による後遺障害

交通事故により、怪我をして治ったあとも障害が残ることがあります。
そのことを、後遺症と呼んでいます。
また、似た言葉に後遺障害と呼ばれるものもあります。
この2つはほぼ同義で使われています。
しかし、後遺症と後遺障害には重要な違いがあります。
まずは、後遺症です。
後遺症は、事故直後から一定期間の症状が治ったあとも、残る機能障害や神経障害などの症状や障害のことを言います。
次は後遺障害です。
精神的・肉体的な怪我が、将来に向けても回復の見込みがない状態で、交通事故との因果関係が認められ、それが証明や説明ができ、労働能力の低下を伴い、その程度が自賠法施行令に基づいた等級に該当するものをいいます。
損害賠償上、障害部分と後遺症が部分に分けて別の損害として請求することとなります。
この後遺症が部分には、逸失利益・慰謝料・介護料などが含まれます。
ちなみに、逸失利益とは、労働の力が低下し、将来にわたって失う利益のことを言います。
また、ここで言う慰謝料は、肉体的・精神的負担に対する慰謝料です。
等級認定をされることにより、入通院慰謝料とは別に請求することができます。
そして、将来実施することが確実な費用は医師が必要性を認めることで請求できます。
交通事故により働くことができなくなったりするので、このようなことができて当然の権利です。